とにかく、ひたすら

普段の生活で考えたことを「とにかく、ひたすら」書きためていきます。主に読書感想、ライフハック、英語学習や野球を扱います。

読書

ザ・コーチ3 時間泥棒と賢者の地図

学んだこと 公園で老人と出会ったことで人生を変えることができた主人公。順風満帆な中起きた出来事で再びコントロールを失いかけた主人公が再び老夫婦のレッスンを受けてコントロールを取り戻すという話です。 単純なセルフコーチング学習本ではなくストー…

年収が10倍になる速読トレーニング

内容を理解しない速読は意味がない 速読しないと卒業できないアメリカの本気の大学院 意味を理解するには「ゲシュタルトを構築する」ことが重要 小説を読むことでIQは高まる 速読には2種類ある 先読みのテクニック トレーニング フォトリーディングとキーワ…

部下を成長させるコミュニケーションを教えてくれる ヤフーの1 on 1

マネージャー初心者にオススメ 1on1の最大の目的は「人材育成」 1on1を「自分のための時間だった」と感じてもらえることが成功 1on1をする技術も必要 マネージャー初心者にオススメ チームを持つことになってどう運営していけば良いのかわからない人にとって…

プレイングマネージャーの教科書

自信が無い管理職ほど成果を出せる 時間的な余裕が無いなら日々のコミュニケーションを型にはめる 上司は指導よりフォローに注力すべき 組織における優秀な人は人を動かして成果を出せる人 コミュニケーションを機能させるには 自信が無い管理職ほど成果を出…

成果をあげる能力は身につけられる 経営者の条件

成果をあげるには 成果をあげる力は習得可能 汝の時間を知る どのような貢献ができるか 人の強みを生かす 最も重要なことに集中せよ 意思決定とは何か 成果をあげる意思決定とは 成果をあげるには 成果をあげた人が持っていた習慣は下記の8つ なされるべきこ…

頑張ってるけど成果が出ない。一流と二流の違いは"GRIT"(やり抜く力)

才能やIQよりも大事な能力「グリット」 「やりたいこと」を絞り込み、「やらないこと」を決める 好きでもないことはうまくなれるはずがない 成功するための練習がある 「人の役に立っている」というのが目的 成功に終わりがなく、失敗は致命的ではない。大切…

効果性のある時間管理をして結果を出す方法(人生はタイムマネジメントで変わる)

なぜタイムマネジメントか タイムマネジメントとは? 何をマネジメントするのか? タイムマネジメントのチェックポイント 1.一線化(アラインメント) 2.役割のバランス 3.優先事項をスケジュール化 4.人間関係重視 結果を変えたければ行動を変えな…

これを知るだけでねこ背は治る!

体の仕組みを知ることが大事 膝で立つとねこ背にならない 本来の姿勢は脚の骨で上体を支えている 体のバランスが崩れるからカバンはリュックが良い? 体の仕組みを知ることが大事 今まで読んできたねこ背解消本で一番の当たりでした。本来あるべき姿勢という…

英語が話せないのは音声情報への変換処理ボトルネックだった

英語上達には音声情報への変換処理ボトルネック解消が必要 英語のネイティブスピーカーは150から180語を1分間に話す 英語上達=ボトルネック解消には音読トレーニングしかない 英語上達には音声情報への変換処理ボトルネック解消が必要 英語とは全く関係ない…

限られた時間で成果を出すための勉強法 STUDY HACKS

社会人にとっての勉強は今までのやり方を問い直すチャンス ツール 環境 時間 習慣 試験 語学 キャリア 社会人にとっての勉強は今までのやり方を問い直すチャンス 社会人にとっての勉強は、これまでのやり方が正しいのかを自分に問い直し、今まで学んできたこ…

頭は「本の読み方」で磨かれる

世界の常識を知ることができる 知性は「どれだけたくさんの人の立場で考えられるか」 自分が人生の作り手になるという意識で読む 世界の常識を知ることができる 「世界中で売れている本は、世界の人が面白いと思った本なので、世界の常識を伺い知るのには最…

脅威の集中力を自分のものにできる「ゾーンに入る技術」

ゾーンに入ればイチローや羽生名人になれる ライフスキル脳とバイブレイン なぜ気が散るのか? 人間の脳はライフスキル脳と認知脳からできている 心をフロー化する4大ツール「表情」「態度」「言葉」「思考」 一流の人の集中の習慣 ゾーンに入ればイチロー…

全てが手に入る!自分を操る超集中力

誰でも集中力のある人になれる 思考や感情をコントロールするウィルパワーの総量には限りがある ウィルパワーの浪費を防ぐ 決断をすぐに下す 習慣化を取り入れる 仕事や勉強の時間を細切れに区切る 机の上の余分なものを片付けてウィルパワーの浪費を防ぐ 机…

読んだ本の内容を忘れない技術を身に付けたい!

読書の効果を高めたい 本を読んだ=内容を説明できる&議論できる どうやって本の内容を記憶に残すか 1週間に3回アウトプットをする 今日はここまで読む!と目標設定をする 人間の脳は「自分の能力よりも少し難しい課題」に取り組んでいるときに最も効率化す…

長続きして達成できる目標の立て方が分かる『目標の達人』になれる

長続きしない目標を立てていませんか? 目的、ゴール、目標、ビジョンという言葉の意味はすべて違う 目的、ゴール、目標、ビジョンを宣言することが重要 決断とは勇気をもって今あるものを手放し、新たなか道を選び、その道を進むこと 目標文の主語は必ず「…

「千円札は拾うな。」安田佳生 サンマーク出版

残業をやめれば給料は増える? 仕事のスピードアップは無駄 自分にモノを合わせるのではなく、良いモノに自分を合わせていく まとめ 残業をやめれば給料は増える? 足元ばかり見ていて、大きな変化を恐れていたら成長できませんよ。というのがこの本の趣旨で…

「僕が30代で5億年の資産をつくれたのは、誰でもできるシンプルなことを大切にしただけ(午堂登紀雄、かんき出版)」を読んだ

週末もアイドリングさせておく タイムマネジメントは「同じ時間内でより良いアプトプットをすること」 残業は「悪」ではない 全ての課題にNOと言ってみる 成功の反対は挑戦しないこと 人間の幅を広げるもの 最後に 週末もアイドリングさせておく 週末は平日…

仕事がつまらないと感じたから「憂鬱じゃなければ、仕事じゃない (見城徹 藤田晋, 講談社)」を読んでみた

「圧倒的な努力は岩をも通す」 「逆境」が人間力を作る 他人を羨むな。「運が良かった」は謙遜でのみ使うべき 「サイバーエージェント」の藤田晋さんの著書。前回に引き続き、「仕事つまらない、ちゃんと仕事しているのに。。。辞めたい。」そんな風に思って…

仕事がつまらないと感じたから「仕事は楽しいかね」を読んでみた

「仕事は楽しいかね」 「明日は今日と違う自分になる」 目標に向かって一生懸命努力しても成功しない 「仕事は楽しいかね」 そんな質問されたって答えは「つまらない」です。理由はいくらでもあります。楽しいと思うときもあるんですけどね。今の気持ちを言…

本を読むのが楽しくなる「情報量が10倍になるNLP速読術」

NTPって何 楽しいという感情 キーリーディング 質問しながら読むポイントリーディング 再読です。最近読書ができていなかったので、風呂に入りながら読みました。 情報量が10倍になるNLP速読術 (フォレスト2545新書) 作者: 松島直也 出版社/メーカー: フォレ…

インターネットで人生を変える方法「目立つ力」

「インターネットを正しい戦略を持って使って人生を変える方法 よく「お前は目立つのが下手だ」とか、「アピールするの下手だな」とか言われます。日本人らしく縁の下の力持ちがカッコイイと教えられてきたからかもしれませんし、単純に目立って失敗するのが…

史上最強の人生戦略マニュアル

最近、自分の今後のことを考える機会が多かったので、こちらの本を読みました。 史上最強の人生戦略マニュアル 作者: フィリップ・マグロー,勝間和代 出版社/メーカー: きこ書房 発売日: 2008/09/27 メディア: 単行本 購入: 29人 クリック: 545回 この商品を…

誰が知っているかを知っている:トランザクティブメモリー

雑誌の記事で読みました。 「全員が同じ情報を知っている」よりも、「誰が何を知っているかを知っている」ほうが、組織全体のパフォーマンスを引き上げる これを読んで思ったのは、受験勉強も「全員で同じ情報を知っていること」を求めるような方式ではなく…

AIの衝撃 人工知能は人類の敵か

AI(人工知能)と言えばドラクエ? 最近IT技術に関する本を中心に読んでいます。今回はAIに関してです。 AI技術と聞くと、RPGで初めてAIを搭載したドラクエ4で登場した「作戦」の機能を思い出します。「ガンガンいこうぜ」「いのちをだいじに」「みんながんば…

「ビッグデータの正体」でビッグデータを学ぶ

ビッグデータって何?というのを学ぼうと思い「ビッグデータの正体」という本を読みました。正体暴いてやります。 ビッグデータの正体 情報の産業革命が世界のすべてを変える 作者: ビクター・マイヤー=ショーンベルガー,ケネス・クキエ,斎藤栄一郎 出版社/…

年始恒例 ミッションステートメント(=自分の憲法)を手帳の最初のページに書く儀式

昨年「憲法改正」で日本国内は世論を二分にして盛り上がりましたが、私自身の憲法である「ミッションステートメント」は改正しません。昨年からの継続です。 7つの習慣-成功には原則があった! 作者: スティーブン・R.コヴィー,Stephen R. Covey,ジェームスス…

ビジネスに役立つデータ分析(R 統計分析)を学ぶ年末

年末で時間があるので、以前から興味があった Rによる統計分析について勉強を始めました。全くの初心者です。新しいプログラミング言語を学ぶのも数年ぶりというレベルです。 下記の書籍を使いましたが、初心者には丁度良い内容でした。 楽しいR ビジネスに…

本音で生きる 一秒も後悔しない生き方

言い訳をやめる 突き抜けた存在になるには、バランスを考えずにお金と時間を集中させる ゼロイチ思考の枠を外す 先日からTwitter でも盛り上がっていたので読みました。 堀江さんが「本音で生きる」ために大事だと思っていることは次の3つだそうです。 言い…

人生ドラクエ化マニュアル

少年時代をドラクエと共に過ごした人は、興味を持たざるを得ないようなタイトルです。 まんまと網に掛かって、購入、即読みました。 人生ドラクエ化マニュアル - 覚醒せよ! 人生は命がけのドラゴンクエストだ! - 作者: JUNZO 出版社/メーカー: ワニブック…

青春を山に賭けて 植村直巳

すごく古くからある本だと思いますが、たまたま目に止まって面白そうだと思ったので一気に読んでみました。兵庫県出身で、世界初の五大陸最高峰登頂者ですね。ここまでは知ってたのですが、アマゾンの川下りまでやってるのは初めて知りました。 青春を山に賭…

コーチングのプロが教える「ほめる」技術

著者が立ち上げた「コーチ・エィ」という会社のコーチング研修は受けたことがあります。そのときの感想は、「この研修をもっと早く受けていたら人生変わっていたかもしれない」でした。 ビジネスの場ではなく、プライベートでも大事な内容ばかりで、自分には…

外資系コンサルの知的生産術 プロだけが知る99の心得

巷にある溢れる、ロジカルシンキングよりも、それを行動に結びつけるための心得が重要だと著者は考えているようです。通常のビジネスで使うような思考方法は、一般的な人のロジカルシンキングで十分だという。 知的生産性というのは「思考の技術」そのものよ…

英語が話せないのは音声情報への変換処理ボトルネックだった

英語が話せないのは音声情報への変換処理ボトルネックだった 英語のネイティブスピーカーは150から180語を1分間に話す 英語が話せないのは音声情報への変換処理ボトルネックだった 英語とは全く関係ない本を読んでいて、英会話教室でよく言われていたことが…

実践できる!頭のいい人のノート術(頭がいい人はなぜ、方眼ノートを使うのか?)

ノート術は「人生のステージ」を変えるために必要なもの ノートの使い方に関する3原則 覚えるためのノート術=頭に焼き付けてノートに再現 伝えるためのノート術=単語ではなく文章で具体的に書く ようやく、なぜ「方眼ノート」なのか? 私が愛用している方…

マッキンゼーのエリートはノートに何を書いているのか

ノートは思考を整理するためのもの ノートをとるときの心構え3つ 仮説を考えながらノートをとる アウトプット志向 ストーリーラインで考える 問題解決の4つのステップ イシューを見極めるノート術 仮説を組み立てるためのノート術 仮説を検証するためのノ…

実践したい!成長するための時間術

最近、長時間勤務をしたことに満足してしまい、時間の密度が低い気がしていました。 そこで今回は「時間管理」に関する本を読みました。 レバレッジ時間術―ノーリスク・ハイリターンの成功原則 (幻冬舎新書) 作者: 本田直之 出版社/メーカー: 幻冬舎 発売日:…

30歳からの10倍差がつく勉強法

30代こそ勉強が必要 学んだことをアウトプットする 後輩に教えることで自分の成長も加速する 机上の空論を振り回す人ではなく、実際に行動する人が勝つ 自分を知って弱いところを鍛える 失敗を反省するだけでなく成功を総括する できる奴と思わせてチャンス…

自分を守るために相手に攻撃的になってしまう

先週の自分の行動をふと振り返って気づいた(いつも後から反省する)のですが、上司や同僚に自分の考えが及んでいなかったポイントを指摘されると、攻撃的になってしまいます。 相手は、単純に質問をしているだけで、攻撃をしているつもりはないんでしょうが…

ふしぎな国道(酷道)

著者の国道に対する愛情が溢れ出ている本でした。 Amazon の Kindle 本セールで、タイトルになんとなく惹かれて買いました。 国道って、そこら中にありますが、どうやって番号振ってるの?一番短い国道は?車が通れない国道がある。実は海を通る国道がある。…

著名人が選ぶ著名人の言葉から学ぶ

著者自身もスターバックスのCEOだった著名人ですが、そんな著名人の心に残っている著名人の言葉を多数引用している本でした。 スターバックスCEОだった私が社員に贈り続けた31の言葉 作者: 岩田松雄 出版社/メーカー: 中経出版 発売日: 2012/11/21 メディア:…

あなたは目標や夢をイメージできているか?

2015年もあっと言う間に1ヶ月が過ぎました。 小学校の頃から、「1月は行く(いく)、2月は逃げる(にげる)、3月は去る(さる)と言って、早く過ぎると古くから言われてます。」と朝礼で言われていたのを思い出します。 さて、1か月が経過した時点で、振り返…

泣ける東野圭吾作品 ナミヤ雑貨店の奇蹟

今年最初の小説。東野圭吾さんの作品。 ナミヤ雑貨店の奇蹟 (角川文庫) 作者: 東野圭吾 出版社/メーカー: KADOKAWA/角川書店 発売日: 2014/11/22 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (3件) を見る ナミヤ雑貨店の奇蹟 作者: 東野圭吾 出版社/メーカー: 角…

知られざるインターネットの巨人 アカマイ

ウイルス定義のアップデート、WindowsのUpdate、他にもいろいろなコンテンツをダウンロードするときに我々が何気なく恩恵を受けている仕組みを提供しているのが、この「アカマイ」という会社なんですね。 アカマイ 知られざるインターネットの巨人 (角川EP…

ドラマ「流星ワゴン」第1話まであと6日

楽しみにしているドラマ、もうすぐ第1話。昨日だと思ってましたが、18日からのようです。 重松清さんの「流星ワゴン」。 それまで読書嫌いだった私が読書を始めたきっかけになった本です。当時の自分の心境にぴったりな本でした。 「何かをやり直したい」…

アドラー心理学入門

嫌われる勇気で流行りのアドラー心理学。同じ著者が書いている本わ読みました。アドラー心理学入門―よりよい人間関係のために (ベスト新書)作者: 岸見一郎出版社/メーカー: ベストセラーズ発売日: 1999/09メディア: 新書購入: 12人 クリック: 100回この商品…

伝説の外資トップが明かす 勝ち残る人財の原理原則

外資系以外に勤めるビジネスパーソンにも参考になる本タイトルに外資系とありますが、外資に勤めている人だけでなくすべてのビジネスマンの参考になる内容でした。著者が経験してきた具体例や、名著からの引用ををもとに解説してくれます。伝説の外資トップ…

ブレずに一年を過ごす!手帳にミッションステートメントを書き出す

自分の憲法 ミッションステートメント一年間使うと決めたほぼ日手帳の整備をしています。今回は私のミッションステートメントについて。ミッションステートメントというのは、下記の引用のとおり、自分の憲法のようなものですね。自分の行動の指針になります…

イシューからはじめよ

パソコンが故障したため、スマホからの投稿。イシューからはじめよ―知的生産の「シンプルな本質」作者: 安宅和人出版社/メーカー: 英治出版発売日: 2010/11/24メディア: 単行本(ソフトカバー)購入: 48人 クリック: 660回この商品を含むブログ (142件) を見…

必見!来年の日曜劇場 重松清 原作「流星ワゴン」

<a href="http://www.tbs.co.jp/ryusei_wagon/" data-mce-href="http://www.tbs.co.jp/ryusei_wagon/">TBSテレビ「日曜劇場『流星ワゴン』」</a> 日曜劇場「流星ワゴン」|TBSテレビ 本屋をぶらぶらして発見!私の一番好きな本がドラマ化されます! 日曜劇場はいつもいいチョイスするなー。「半沢直樹」もそうだし、「とんび」もそうですよね。 「とんび」とか、こ…

できる人からは「具体的な」話が出る

できる人は「具体的な」話ができる人だ。というようなことが、プレジデントに書いてました。 PRESIDENT (プレジデント) 2014年 12/15号 出版社/メーカー: プレジデント社 発売日: 2014/11/22 メディア: 雑誌 この商品を含むブログを見る そこで思ったのは、…