読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とにかく、ひたすら

普段の生活で考えたことを「とにかく、ひたすら」書きためていきます。主に読書感想、ライフハック、英語学習や野球を扱います。

返品必至!Amazonの「1-clickで今すぐ買う」は眠いときには危険

Amazonの「1-Clickで今すぐ買う」は危険

「1-Clickで今すぐ買う」ってボタンありますよね。

f:id:toru-ssk:20161208004514p:plain

これ、便利ですけど危険ですね。気づかないうちに押して、要らないスキャナーを買ってしまっていました。

送られてきたメールに気付いたのが2時間後。慌ててキャンセル手続きをしましたが、時すでに遅し。届いてから返品するしか手段がありませんでした。

Amazonが本やCD以外の商品販売で成功した理由「返品」

Amazonが本やCD以外の商品販売で成功した理由として、ザッポスを買収してノウハウを得たというのが有名ですね。その理由は「返品」という仕組みだそうですね。

確かに、服なんかは返品できないとネットで買うのは怖いですもんね。

 

スポンサーリンク

 

初めてでも簡単な「返品」の仕組み。だけど。。。

その「返品」の仕組みを初めて使ってみました。返品手続きは簡単。

 

1)注文履歴のページから「商品の返品・交換」をクリック

f:id:toru-ssk:20161208005439p:plain

2)返品先と商品の返品用のバーコードが記載されたページを印刷する。

3)あとは荷物に貼って返品するだけ。

 

と、まあ簡単なんですが、やっぱり送料はこちら負担なんですね。。。

Amazonって段ボールが大きいからそれなりに送料かかるし。。。入れ替えても良かったのかもですが、それで受け付けられなくなったら嫌ですしね。。。

ちなみに、着払いで返品できるケースとしては下記が該当するようです。

  • 商品にトラブルや不具合がある場合
  • Amazon.co.jp が発送する服&ファッション小物、シューズ&バッグストアの試着した商品を返品する場合
  • Dash Button で商品を注文した場合

ファッション系は返品を認めているんですね。さすがです。

 

2度と間違えないように「1-clickで今すぐ買う」を無効に

危険です。眠いときなんかは極めて危険です。

というわけで、無効にすることにしました。無効も簡単ですね。

「アカウントサービス」→「1-Click設定の変更」で無効化できます。

インターネットで人生を変える方法「目立つ力」

「インターネットを正しい戦略を持って使って人生を変える方法

よく「お前は目立つのが下手だ」とか、「アピールするの下手だな」とか言われます。日本人らしく縁の下の力持ちがカッコイイと教えられてきたからかもしれませんし、単純に目立って失敗するのが恥ずかしいからかもしれません。

でも、だんだん自分の将来、家族の将来のためにも「恥ずかしい」とか「影でやってる方がクールだ」とか言ってられなくなってきています。

一昨年から「突き抜けた存在になろう」というのを自分のミッションステートメントの一つとしていますが、普段の生活で一番実践できていないミッションステートメントになっています。

そこで、前回、勝間さんの翻訳の本を読んだこともあり、「目立つ力」という本を読みました。(実は数年前に読んだことがあったので再読です。) 

目立つ力 (小学館101新書 49)

目立つ力 (小学館101新書 49)

 
目立つ力 インターネットで人生を変える方法(小学館101新書)

目立つ力 インターネットで人生を変える方法(小学館101新書)

 

なぜ目立つことが必要か?

次の2つの側面から目立つことが必要だそうです。

  • ほかの人からの助力を得やすくする
  • 自分のことをよりわかってもうこと

なぜ、助力を得やすくする必要があるのか、自分のことをわかってもらう必要があるのか?という、「目的」があって始めて、「目立つ力」が役に立つということですね。

私の場合は、「目立って、偉い人の目に止まって給料を上げたい(ヘッドハントされるとか、成功すれば評価される大きな仕事を手にするとか)」ですかね。(インターネットの世界ではないですけど)

 

書き手と読み手の間のギャップをいかに見つけるか

自分では当たり前だと思っていることでも、読み手は知らないこともある。それを記事にすることがブログヒットの秘訣だそうです。

先ほどの自分の例で言えば、平社員と経営者のギャップをうまく見つけて、問題提起したり、自分の専門領域をわかりやすく伝えるということが必要ですね。そもそもそういう機会自体少ないと思いますが、チャンスが来た時のためには常日頃考えておかないと。

 

スポンサーリンク

 

ブログにおける戦略

  1. コンセプトを決める
  2. 目的を決める
  3. コンテンツ内容を決める
  4. 読者を想定する
  5. 差別化を考える

こんなことを考えてブログ書いてなかったなーと反省。そういえば、世間で流行っているブログはブレずに戦略がしっかりしているなーと再認識。

 

相手に疑似体験をしてもらう 

情報発信では相手ができないことを自分が肩代わりして体験を伝えることが重要だそうです。

セールスの仕事でもそうですね。何かの商品の説明をして購入してもらう場合には、商品を消費した場合の体験をいかに相手に疑似体験してもらえるかにかかってますよね。写真とか多く載っていたり、実際に試してみました系のブログって呼んでいて楽しいですもんね。

 

2番手が1番手に勝つ方法

 本題とは外れますが、この本を読んでいて面白いなと思った点。

「1番手はどうしてもその手法に愛着があるので、欠点が見えなくなる。一方で、2番手はいかに使ってもらうかという視点になれる」と言っていました。アップルはまさに2番手戦略だと。iPodはソニーのウォークマン、MACはMicrosoft のWindowsの後を追ったということなんですかね。 

AIの衝撃 人工知能は人類の敵か

AI(人工知能)と言えばドラクエ?

最近IT技術に関する本を中心に読んでいます。今回はAIに関してです。

AI技術と聞くと、RPGで初めてAIを搭載したドラクエ4で登場した「作戦」の機能を思い出します。「ガンガンいこうぜ」「いのちをだいじに」「みんながんばれ」とかいうアレですね。(ちなみに、私は「みんながんばれ」派でした)

だいたい、こうした本で紹介されるのは、「プロ棋士とコンピュータの戦い」とか「チェス名人にコンピュータが勝った」という例ですが。

AIの衝撃 人工知能は人類の敵か (講談社現代新書)

AIの衝撃 人工知能は人類の敵か (講談社現代新書)

 

 

AIの衝撃 人工知能は人類の敵か (講談社現代新書)

AIの衝撃 人工知能は人類の敵か (講談社現代新書)

 

 AIって何か

まず、AIとは何かについて、わかりやすく書かれていました。

AIプログラムに何かの仕事をさせて、上手にできたら「よくできたね」と褒め、失敗したら「駄目じゃないか」と叱ることで、うまくいく方法を自分で学習して上達していくというものです。

先ほどのドラクエの例だと、「ガンガンいこうぜ」の作戦だったら、短いターンで敵を倒せれば成功、「いのちをだいじに」だったら、パーティーのHPが大きく減れば失敗といったような感じでしょうか。

 

海馬は記憶だけでなく未来を司る

AIの可能性が注目された事実として例を挙げられていましたが、知りませんでした。

人間の脳の海馬という領域は過去の出来事を保存する領域として有名ですよね。これは私も知っています。

しかし、海馬は、未来を想像するためにも使われるという例を、「海馬を損傷した人は未来のことを想像することもできなくなる」という例を挙げて説明していました。

海馬は、過去の多くの出来事から未来を想像するためにも使われているんですね。これをコンピュータでも実現できないか?というのが、AIの考え方なんですね。

 

シンギュラリティ(技術的特異点)は過激な意見なのか?

一部のエキセントリックな技術者が唱えている「シンギュラリティ」というものについても述べられていました。

超越的な進化を遂げたAIがいずれは暴走し、人類に壊滅的な被害を与える。2045年には人間の知性を超えた存在になる。

ということです。別の本で読みましたが、AIが自身で、より優れたAIを生み出せるようになった時点が、AIが人類を超える瞬間になると書かれていました。

ハリウッド映画でも良くありますが、可能性としてはゼロではない出来事のように思えますね。

 

AIを考える上で避けて通れない「フレーム問題」

倫理的な話を続けて。著者があげていたAIの課題2つ目。

例えば、自動運転をする自動車が、そのまま進むとこちらに向かってくる自動車との衝突が避けられないと判断した場合、同乗者を助けるために、進んでくる車を避けるために、歩道に乗り上げて歩行者を犠牲にして構わないかという問題です。

  • 人数で考える?
  • 身内を守る(この場合、同乗者)
  • 被害を受ける人の特性(年齢、性別)

これを判断するのは、人間でも難しいのに、正解を与えるというのは困難ですね。

この難しい問題に取り組んで、技術の進化を止めるのはもったいないですが、議論は必要な問題だと思います。

 

スポンサーリンク

 

機械学習(マシンラーニング)

コンピュータやロボットのような機械がビッグデータを解析して、そこから「モデル」と呼ばれるある種のパターンを導き出す技術。現代のAIのベースとなるのがこの機械学習。

AI とは、人間の知能をコンピュータが得意とする大規模な数値計算に「巧妙に」置き換えているにすぎないのかもしれません。

 

技術の進化

なるほどと思った部分。

技術が進化する上で人間は、これまでにも自然界のものをそのまま機械で置き換えるのではなく、全く別の人工物に変えて来たという話。例えば、馬を移動手段として使ってきたが、より良い馬の脚を模倣するのではなく、車輪を採用したという例が挙げられていました。

そう考えると、人間の脳を、数値計算に巧妙に置き換えるというのも、飛躍的な進歩を遂げる転換ポイントなのかもしれませんね。

 

日本はAIで世界に勝てるのか 

以前は、日本がHONDAのアシモなど、汎用ヒューマノイドを目指していたが、その際は、欧米から批判を受けていた(時代が追いついていなかった)。そこで日本は工場用のロボットなどにシフトして行って成功を収めているが、今、欧米もアシモのような夢のロボットを目指している。機が熟したから。

一旦、工業用ロボットなどにシフトしてしまい、ソフトウェア開発で遅れをとっていると言われる日本ですが、頑張ってほしいものです。

 

次はこれを読む

人工知能は人間を超えるか (角川EPUB選書)

人工知能は人間を超えるか (角川EPUB選書)

 
人工知能は人間を超えるか ディープラーニングの先にあるもの (角川EPUB選書)

人工知能は人間を超えるか ディープラーニングの先にあるもの (角川EPUB選書)

 
人工知能は人間を超えるか

人工知能は人間を超えるか

 

 

完全独習 ベイズ統計学入門

完全独習 ベイズ統計学入門

 
完全独習 ベイズ統計学入門

完全独習 ベイズ統計学入門

 

 

 

Kindle Paperwhite (ニューモデル) Wi-Fi

Kindle Paperwhite (ニューモデル) Wi-Fi

 
Kindle Wi-Fi、ブラック、キャンペーン情報つきモデル、電子書籍リーダー