読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とにかく、ひたすら

普段の生活で考えたことを「とにかく、ひたすら」書きためていきます。主に読書感想、ライフハック、英語学習や野球を扱います。

日本人の美徳「不言実行」がカッコいいけど、ビジネスでは「有言実行」が評価される

スポンサーリンク

 

 

不言実行は美徳だが、ビジネスで評価されるのは有言実行

以前、英会話のクラスを受講しているときに、

「変えたいと思っている習慣のようなものはあるか?」

という会話をしました。

 

私は次のように言いたかったんですが、うまく伝えられませんでした。

「多くの日本人は、不言実行が美徳だと小さいときから教えられてきている。一方で、ビジネスの場面では有言実行が評価される。この行動を変えるところに苦労している。」

 

抽象的なことを言っても通じなかったので、不言実行の例として次のようなことを言ったんですが、これは外国人の先生も理解してくれました。(日本の文化を良く程度理解されている方なので。)

「朝早く登校し、教室に来てみると床が汚れていた。なので、そっと掃除をする。しかし、掃除をしたことは誰にも言わない。」

  

たぶんこの例が不言実行と有言実行の比較の例としては不適切だったんですね。

有言実行が評価されるのは、やることを宣言してから実行するということなので、この例を使って有言実行バージョンに直すと次のようになります。

「朝早く登校し、教室に来てみると床が汚れていた。なので、みんなが来るのを待つ。みんなが来ると、おれ掃除するよ!と宣言して掃除をする。」

 

 

なんて嫌な奴だ!

こんな奴はビジネスの場面でも評価なんてされない。

 

これくらいだったら、可愛いですがこれは、どちらかと言うと不言実行ですね。

「朝早く登校し、教室に来てみると床が汚れていた。なので、床を掃除する。みんなが来ると、おれ掃除した!と言いふらす」

 

これは、英会話に関係なく出した例が悪かったということでした。

 

 

スポンサーリンク

 

後から復習しているときに、どういえばよいかと考えてみたんですが、たとえばこんな例がよかったのかなーとノートにメモしていました。

 

不言実行の例:

誰かが必要としそうな資料をコツコツ作る。そしてできた段階でひっそりとみんなが使える場所に資料を置いておく。

 

有言実行の例:

「こういう資料をXXXまでに作ります!できたら皆さんにシェアします!」と言ってから作成して、期日までに作る。

 

これなら、

 不言実行の例は、途中で辞めてしまうという逃げ道があるし、有言実行の例だと、他の人もすでに同じものを作成しているというような、ダブルエフォートになることもないという点で有言実行の例がいいと、論理的に説明できそうでした。

 

日本語だと、この例は適切ではないなと思って軌道修正できるんですけど、英語だとこういうところが難しいですね。訓練訓練。

 

「有言実行」「不言実行」で検索したらこんな本が出てきました。

やっぱり下の「不言実行」の方がカッコよく思える。「コミットする」嫌いですね。こういう用語使うの。

コミットする力 いつもの仕事をスペシャルな冒険に変える

コミットする力 いつもの仕事をスペシャルな冒険に変える

  • 作者: ジョン・ヤンツ,高橋璃子
  • 出版社/メーカー: CCCメディアハウス
  • 発売日: 2014/09/24
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 

不言実行こそが我が人生―柔道と植木業で切り拓いた私のアメリカ

不言実行こそが我が人生―柔道と植木業で切り拓いた私のアメリカ