読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とにかく、ひたすら

普段の生活で考えたことを「とにかく、ひたすら」書きためていきます。主に読書感想、ライフハック、英語学習や野球を扱います。

返品必至!Amazonの「1-clickで今すぐ買う」は眠いときには危険

Amazonの「1-Clickで今すぐ買う」は危険

「1-Clickで今すぐ買う」ってボタンありますよね。

f:id:toru-ssk:20161208004514p:plain

これ、便利ですけど危険ですね。気づかないうちに押して、要らないスキャナーを買ってしまっていました。

送られてきたメールに気付いたのが2時間後。慌ててキャンセル手続きをしましたが、時すでに遅し。届いてから返品するしか手段がありませんでした。

Amazonが本やCD以外の商品販売で成功した理由「返品」

Amazonが本やCD以外の商品販売で成功した理由として、ザッポスを買収してノウハウを得たというのが有名ですね。その理由は「返品」という仕組みだそうですね。

確かに、服なんかは返品できないとネットで買うのは怖いですもんね。

 

スポンサーリンク

 

初めてでも簡単な「返品」の仕組み。だけど。。。

その「返品」の仕組みを初めて使ってみました。返品手続きは簡単。

 

1)注文履歴のページから「商品の返品・交換」をクリック

f:id:toru-ssk:20161208005439p:plain

2)返品先と商品の返品用のバーコードが記載されたページを印刷する。

3)あとは荷物に貼って返品するだけ。

 

と、まあ簡単なんですが、やっぱり送料はこちら負担なんですね。。。

Amazonって段ボールが大きいからそれなりに送料かかるし。。。入れ替えても良かったのかもですが、それで受け付けられなくなったら嫌ですしね。。。

ちなみに、着払いで返品できるケースとしては下記が該当するようです。

  • 商品にトラブルや不具合がある場合
  • Amazon.co.jp が発送する服&ファッション小物、シューズ&バッグストアの試着した商品を返品する場合
  • Dash Button で商品を注文した場合

ファッション系は返品を認めているんですね。さすがです。

 

2度と間違えないように「1-clickで今すぐ買う」を無効に

危険です。眠いときなんかは極めて危険です。

というわけで、無効にすることにしました。無効も簡単ですね。

「アカウントサービス」→「1-Click設定の変更」で無効化できます。