読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とにかく、ひたすら

普段の生活で考えたことを「とにかく、ひたすら」書きためていきます。主に読書感想、ライフハック、英語学習や野球を扱います。

思い出のにおいでタイムスリップ

生活

突然ですが、みなさん、ふと街を歩いていて「ああ、懐かしい」と思うことはありませんか?

 

「懐かしい場所」を歩いているわけではありません。

「懐かしい人」に出会ったわけでもありません。

「懐かしい音楽」を聴いたわけでもありません。

「懐かしい味」を味わったわけでもありません。

 

f:id:toru-ssk:20150219011127j:plain

私の場合、懐かしい「におい」を偶然嗅ぐと、そのにおいで思い出す瞬間にタイムスリップできます。

 

私にとって、一瞬でその場に連れて行ってくれる「におい」が、「エアサロンパス」です。私にとって、「エアサロンパスのにおい」=「小学校のころに入っていたスポーツチームのにおい」です。

 

すごく辛い練習で、筋肉痛や関節痛など体のあちこちが痛くて、みんな救急箱から取り出して使ってました。それを思い出します。

思い出すといっても、辛い気持ちが蘇ってくるのではなく、楽しく清々しい気持ちになれます。好きで大変な練習もやっていましたからね。

そして、「まだまだ頑張れる!」という気持ちになって、現実に戻ってこられます。

 

他にも、「日焼け止めのニオイ」とか、「ポカリスエット」のニオイも、小さいころ、学生時代にタイムスリップできるきっかけをくれます。

 

 

これってビジネスにならないかなーなんて考えたりしました。

ありとあらゆるニオイを集めて、カプセルホテルみたいな空間で、ゆっくりと自分の好きなニオイを嗅いでもらう。これで、昔の思い出に浸って、エネルギー充填完了!みたいな感じです。

 

ふと会社からの帰り道にサロンパスのニオイがして、こんな記事を書いてみました。

明日も頑張れそうです!


それにしても、「におい」 を漢字で書くと、途端にクサそうになりますね。

匂い、臭い。

とはいえ、「香り」とは言いたくないなー。


以上、ありがとうございました!