読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とにかく、ひたすら

普段の生活で考えたことを「とにかく、ひたすら」書きためていきます。主に読書感想、ライフハック、英語学習や野球を扱います。

30歳からの10倍差がつく勉強法

読書

30歳にもなると、企業でも大きな仕事を任されて、少しずつ中堅とかベテランと呼ばれるようになりますね。部下を持つこともあり、「出来ません」とか「勉強します」というのがなんとなく許されない感じも出てきます。

 

こうなってきてもなお若手気分を引きずっていると、その人には厳しい現実が待っています。今後も活躍し続けるために必要なのが、勉強です。

 

忙しい30代の勉強法に関する書籍です。

 

30歳からの10倍差がつく勉強法―「現代型頭のよさ」を目指せ

30歳からの10倍差がつく勉強法―「現代型頭のよさ」を目指せ

 
30歳からの10倍差がつく勉強法 (PHP文庫)

30歳からの10倍差がつく勉強法 (PHP文庫)

 

 

学んだことをアウトプットする

自分が理解していることを書き出してみると自分が何を理解していて、何を理解できていないのかがわかる。と著者は述べています。

まさに私が今やっていることですね。アウトプットすることで記憶力を高められるようになります。

後輩に教えることで自分の成長も加速する

一方で私は次のようにも考えます。

ブログで書くだけではなく、30代であれば会社に後輩もいるはずですので、そういった後輩に自分が学んだことを教えるのも良いアウトプットになります。

後輩からすれば「新しいことを学べる」、自分からすれば「学んだことを定着できる」「相手にわかりやすく伝える練習になる」と1石3鳥ですね。多くの後輩を集めれば、1石10鳥になるかもしれません。

自分が学んだことを後輩に教えると、相手も成長するわけですから、もっと他にも学ばないと!というプレッシャーにもなって成長が加速するかもしれませんね。

 

机上の空論を振り回す人ではなく、実際に行動する人が勝つ

「やってみなはれ」の精神が大事。ただし、まずは確率の高そうなものからやりましょうね。という話。

 

本を読んで、こうして内容をアウトプットしていようが、それを実践して身につけないと意味ないですからね。あー、耳が痛い。

いや、この本は「アウトプットしましょう!」ということを言ってるからすでに実践していることになりますね!

 

スポンサーリンク

 

 

自分を知って弱いところを鍛える

長所を伸ばそう!というのはもっともだけど、「この面が弱い」と気づいているのであればそこを強化しなければ、成長することは難しいですよね。という話。

 

長所を伸ばすよりかは、短所を強化する方がコストパフォーマンスは良さそうですからね。ただし、仕事上の専門知識みたいなのは徹底的に伸ばさないといけないですよね。

「あれもこれも(平均をちょっと上回る程度に)できます!」というのでは、なかなか突き抜けた存在になれません。

 

失敗を反省するだけでなく成功を総括する

前述の「自分を知る」というのは、失敗して反省するだけではなく、成功したことを総括し、自分の成功パターンを知ることも大事だよね。という話。

 

できる奴と思わせてチャンスをつかむ

周りに「できる奴」「頭がいい」と思われていれば、それだけいろんなチャンスが巡ってきますね。という話。

 

こう考えると、「意識高い系」と呼ばれる人たち(自分もかもしれない)は、理にかなっているのかもしれませんね。「できる奴」と思われたい人たちなのですから。

そして、著者も主張している「勉強仲間を増やす」「周りの人からモチベーションをもらう」という効果もありそうですしね。

 

キリが悪くてもすぐに始める

どうせダラダラしてしまうだけなので、20時52分からでも、20時54分からでもいいから始めることが重要。決して21時00分になったら始めようなんて思ってはいけないという話。

ただし、チリも積もれば山となる。というようなことを言ってるわけではないようす。

本格的な勉強をしたいのであれば、細切れ時間を集めるのではなく、やはりまとまった時間を確保すべきだと言ってますね。

例えば、移動中は思い切って睡眠時間に当てるというのも、思い切った手なのかもしれません。

 

以上、ありがとうございました!

Kindle Voyage Wi-Fi、キャンペーン情報つきモデル

Kindle Voyage Wi-Fi、キャンペーン情報つきモデル