読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とにかく、ひたすら

普段の生活で考えたことを「とにかく、ひたすら」書きためていきます。主に読書感想、ライフハック、英語学習や野球を扱います。

ブレずに一年を過ごす!手帳にミッションステートメントを書き出す

自分の憲法  ミッションステートメント

一年間使うと決めたほぼ日手帳の整備をしています。
今回は私のミッションステートメントについて。

ミッションステートメントというのは、下記の引用のとおり、自分の憲法のようなものですね。
自分の行動の指針になりますので、自分の判断に迷いが出たときには、ミッションステートメントと照らし合わせて、判断を下すことができるようになります。

目的を持って始める最も簡単で大きな効果をもたらす方法のひとつは、ミッション・ステートメントを書くことである。そのなかで自分はどうなりたいのか、何をしたいのか、そして、自分の行動の基礎となる価値観や原則を明らかにするのだ

―スティーブン・R・コヴィ



ミッションステートメントがあれば、自身の活動を振り返ることも、判断を下すこともできる

わたしは一昨年、自分のミッションステートメントを作りました。

「七つの習慣」を読みながら、自分の価値観を振り返りました。
  • 自分が亡くなるときに、他人にどう思われていたいか?
  • お気に入りの言葉は?
  • 自分にとってのヒーローは?
  • 満足感を得られるのはどんなとき?

そこで書き出した自分のミッションステートメントを、普段持ち歩くほぼ日手帳に書いておくことにしました。
一部恥ずかしくてマスクしましたが、このような感じです。

f:id:toru-ssk:20150104200604j:plain

  • 時間とエネルギーを貢献のために使う
  • 笑顔とありがとうの気持ちを持って日々を穏やかに過ごす
などです。

これによって、定期的に自身の憲法を目にすることができますので、自分の活動の芯のようなものを持てます。


ミッションステートメントについて学びたい方は、下記が参考になると思います。

7つの習慣-成功には原則があった!

7つの習慣-成功には原則があった!

  • 作者: スティーブン・R.コヴィー,Stephen R. Covey,ジェームススキナー,川西茂
  • 出版社/メーカー: キングベアー出版
  • 発売日: 1996/12
  • メディア: 単行本
  • 購入: 148人 クリック: 4,806回
  • この商品を含むブログ (784件) を見る


以上、ありがとうございました!