読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とにかく、ひたすら

普段の生活で考えたことを「とにかく、ひたすら」書きためていきます。主に読書感想、ライフハック、英語学習や野球を扱います。

頭は「本の読み方」で磨かれる

読書 生活

世界の常識を知ることができる

「世界中で売れている本は、世界の人が面白いと思った本なので、世界の常識を伺い知るのには最適」だと言っています。

英語の本(の翻訳本)ってページ数が多くて取っつきにくいというイメージがありますが、確かにその通りなんでしょうね。

最近大前研一さんの本を読みましたが、大前研一さんは、人から聞いた情報ではなく、自分の足で世界に行って、自分自身で見聞きすることが大事だと言ってました。それができれば一番良いのでしょうが、それができない人にはやはり本を読むというのが早いのでしょう。

 

知性は「どれだけたくさんの人の立場で考えられるか」

それに倣うのかどうかはともかく、多くの人の意見を聞くのが大事というのは誰もが考える一般的な発想だと思います。

本に書かれた意見を読むのにも、自分の立場で読む、Aという立場で読む、Bという立場で読む。と色々な読み方があるんですね。

よく、時間が経ってから本を読んで見るとアンダーラインを引く箇所が変わる。と言いますよね。それは、単純に自分の知識が増えて難しいことがわかるようになったというだけではなくて、立場が変わったからということもありそうだなー。と思いました。

 

自分が人生の作り手になるという意識で読む

本に書かれているテクニックをただ真似るのではなくて、自分でどう使うか?という意識で読むべき。ということでしょうか。

 

 

本を読むための本を読むなよ。と思われるかもしれませんが、趣味としてこういう本を読むのが好きなので読みました。

 

 

脅威の集中力を自分のものにできる「ゾーンに入る技術」

読書 生活

ゾーンに入ればイチローや羽生名人になれる

仕事でもっと結果を出したい。勉強の成果を出したい。と思いますよね。

イチロー選手や羽生名人のように圧倒的な結果を出したければ「集中」が必要です。

集中とは「パフォーマンス」の質が高い状態のことで、パフォーマンスは次の2つで決まるそうです。

  1. 何をするのか
  2. どういう心の状態でするのか

つまり、この2つの質を高めれば、パフォーマンス質を高めることができる=集中できるということになります。 

 

ライフスキル脳とバイブレイン

フロー状態というのは1970年代に提唱された「集中力が抜群で、活動に完璧に没頭している最高の状態」だそうで、そのフロー状態を実現するための脳の機能が「ライフスキル脳」「バイブレイン」というのが著者の主張です。

そしてこの「バイブレイン」を使いこなすことは一般の人でもできるということで、本書で紹介が行われています。

 

なぜ気が散るのか?

まず、「集中」の反対の「気が散る」原因について述べています。「気が散る」原因となるのは「環境」「出来事」「他人」です。これらの要因によって、もともと意味の付いていないことに勝手に意味付けをしてしまうことで「気が散る」のだそうです。

確かにありますよね、眠くなってきたら「ああ、今週はたくさん働いたから疲れているんだ」と考えたり、仕事のやる気が出ないのを「ああ、さっき上司に嫌味言われたからだ」と勝手に意味付けたり。つまり「言い訳」ですよね。言い訳によって、自分の集中力をどんどん削ぐ方向に進んでしまうのですね。気をつけないと。

きっと、過去の記憶にとらわれるのもこの認知脳による仕組みなんでしょう。

 

スポンサーリンク

 

人間の脳はライフスキル脳と認知脳からできている

この2つのバランスが良いことを「バイブレイン」と呼ぶのだそうです。

ライフスキル脳とは認知脳による心の「揺らぎ」の状態を操る内向きの脳だそうです。そして、このライフスキル脳を鍛えるには、感情に気づく訓練をすることが重要だそうです。具体的には自分の感情を100個リストアップしてみるなどが良いのだそうです。

100個も感情があるのか?

 

心をフロー化する4大ツール「表情」「態度」「言葉」「思考」

ため息をついてフローな状態の心を作り出せる人はいません。こうした4つのツールを使って自分をフロー状態に持って行くことができるのだそうです。

「口に入れる食べ物で体が作られるように、耳に入れる言葉で心が作られる」そうです。自分が発する言葉は選びながら使うようにしなければいけませんね。

また、「肩を落としたり」「ため息したり」というのも態度の面からノンフロー状態になっていまいますね。

 

一流の人の集中の習慣

  • どんなことが楽しいのかをリストアップする
  • 自信のある人は根拠の前に自分のことを信じる
  • 今を大切にする。今を生きる。
  • イメージする
  • 相手が喜んでいる分だけ自分も喜ぶ
  • リスペクト思考
  • 感謝の思考

 

全てが手に入る!自分を操る超集中力

読書 生活

誰でも集中力のある人になれる

最近悩み事も多く、仕事に集中できていないと感じていたこともあり、書店でディスプレイされていたこの本を手に取りました。メンタリストDaiGoさんの本です。

冒頭で述べられていたのは、「集中力のある人、ない人の差は、その仕組みを知り、トレーニングを積んでいるかどうかの違いだけです。」とあります。

理論的に、集中力のメカニズムを知りたいと思っていた自分にはぴったりの本でした。

 

思考や感情をコントロールするウィルパワーの総量には限りがある

集中力が湧き出すのは、額から2から3センチ奥の前頭葉にあるそうです。

思考や感情をコントロールする「ウィルパワー」と呼ばれる力には限りがあり、集中力を使うたびに少しずつ消耗していきます。よって、集中力を鍛えるには2つの方法があります。

  1. トレーニングによってウィルパワーの総量を増やす
  2. ウィルパワーの消費量を、日々の行動や習慣を変えることによって節約する

 

直近では、1は難しいので、まずは2を実践しつつ、1によって総量を増やすという方針でいきたいと思いました。 

 

ウィルパワーの浪費を防ぐ

決断をすぐに下す

何かを我慢する、何かをしたいと望んでいる間にもウィルパワーは消費されるそうです。選択肢が多いとウィルパワーを人間から奪って決断ができなくなるという実験も紹介されていました。

なので、決断はすぐに下してウィルパワーを消費しないようにすることが重要だそうです。 

習慣化を取り入れる

スティーブジョブズが同じ服を着ているという有名な話ですね。習慣化することで集中せずに処理ができるようになるからです。こうした意思決定で集中力を節約する分、スティーブジョブズなんかは他のもっと厳しい決断に集中力を使っていたということなんですね。

雑事こそ意思決定を迅速にするのがいいですね。

 

仕事や勉強の時間を細切れに区切る

もう少しやれたかも。というところで打ち切ってしまうことで、ウィルパワーを使い過ぎる前に終わるので疲れがたまりにくく、かつ、早くあの続きがしたいと思えるそうです。

机の上の余分なものを片付けてウィルパワーの浪費を防ぐ

ものを減らすほど自己コントロール力が増すというのは実験でも証明されているようですし、普段の感覚でもわかりますね。極端かもしれませんが、「集中したい対象以外は何もない」という状態にするのが理想ですね。

机の上に鏡を置く

自分を客観的に見ることで理想の自分(集中している)に近づこうとする力が働くので、机の上に鏡を置いて自分を客観的に見られる状態にしておくことは効果があるそうです。

姿勢を正す

集中力を司る前頭葉のエネルギー源はブドウ糖と酸素で、酸素は血液が送り込みます。なので、姿勢が悪いと脳への血流が悪くなり集中力が得られません。背中が丸まっていたり、肘をついたり、脚を組んだり、腰が伸びているという姿勢は楽なのでついやってしまいがちですが、意識して改善したほうがよさそうです。

 

血糖値の乱高下を防ぐ低GI食品

そば、玄米、全粒粉パン、リンゴ、チーズ、ヨーグルト。

これらは食べてから2時間後に集中力のピークがやってくるそう。

間食も、ピーナッツ、ヘーゼルナッツ、カシューナッツ、クルミ、アーモンドなどの食品でうまく取るのがよさそうです。DaiGoさんのお勧めは、コーヒーとヨーグルト。と書いてました。

 

喜怒哀楽をうまく使う

  • 怒り:解決の糸口が見えなかった課題や企画に向き合う
  • 哀しみ:冷静な意思決定。細部に関心を持って冷静かつ公平な意思決定
  • 喜び:人をクリエイティブにする。

瞑想

今流行りですし、一度瞑想についても本格的に学んでみたいです。呼吸に集中するというのがポイントのようです。

 

 

スポンサーリンク

 

ウィルパワーの総量を増やすトレーニング

普段の姿勢に気をつける

日頃、無意識に行っている行為を「やらないようにすること」は強い集中力を必要とするそうです。なので、肘をついて座ったり、脚を組んだり、猫背になったりという行為を意識して生活することで、ウィルパワーを鍛えることができるそうです。

それ以外にも利き手とは逆の手を使って歯磨きする、ドアを開ける、マウスを使うという行為をすることでも良いそうです。

 

脳は疲れを知らない

睡眠不足は集中力を奪う

寝ることで脳は回復し、学んだことを記憶に定着するので睡眠は重要。眠りの基本は朝型スタイル。22時から夜中の2時が重要。光と音を受けない環境で寝る。

15分のパワーナップ

仮眠がお勧め!椅子に座った状態で目を閉じて、腕を枕にして呼吸のペースを落とす。眠らなくてもよい。

脳の疲れは目の疲れ

目の動きは人の思考が現れる。目は心の窓。脳が処理する情報の8割以上は視覚を介したもの。目の機能低下を回復できれば集中力を維持できる。目は温めて血流を改善するのが有効。瞬きは乾燥した目に潤いをあたえるし、固まった筋肉をほぐす効果もある。

不安を書き出す

書き出してワーキングメモリの空きを増やすことが重要。問題を解くために必要なワーキングメモリの容量を増やすことが重要。試験が始まる前に試験に対する不安を書き出すというのも有効。