とにかく、ひたすら

普段の生活で考えたことを「とにかく、ひたすら」書きためていきます。主に読書感想、ライフハック、英語学習や野球を扱います。

読書

「作業」でなく「仕事」をしないと職を失う

稼ぐ力: 「仕事がなくなる」時代の新しい働き方 作者: 大前研一 出版社/メーカー: 小学館 発売日: 2013/09/05 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (11件) を見る 稼ぐ力 「仕事がなくなる」時代の新しい働き方 作者: 大前研一 出版社/メーカー: 小学館 …

名場面に名実況あり!と感じさせる一冊

ふと目に留まって読んだ本。 あの実況がすごかった (メディアファクトリー新書) 作者: 伊藤滋之 出版社/メーカー: メディアファクトリー 発売日: 2011/08/29 メディア: 新書 購入: 2人 クリック: 6回 この商品を含むブログを見る メディア: この商品を含むブ…

あなたの脳細胞は死滅していないか?脳に悪い3つの感情

無気力、無関心、無感動の三無主義は脳にとって最悪 過去の出来事を「無気力」の理由にしてしまっている 同じ場所に長く身を置くと無関心になる 脳を活性化するには、毎日1つ新しいことをする 無気力、無関心、無感動の三無主義は脳にとって最悪 今の自分に…

半世紀の年の差、ホリエモンと瀬戸内寂聴さんの対談が面白い

間隔が空きましたが、生活が落ち着いてきたので久々の更新。 ホリエモンこと堀江貴文さんと瀬戸内寂聴さんの対談集を読みました。 死ぬってどういうことですか? 今を生きるための9の対論 (角川フォレスタ) 作者: 堀江貴文瀬戸内寂聴 出版社/メーカー: KADOKA…

世界一の経営者イーロン・マスクは日本の芸人がお好き?

イーロン・マスク。スティーブ・ジョブズを超えると言われているビジネスマンですね。昨年はビジネスパーソン・オブ・ザ・イヤー・2013にも選ばれましたね。 そんなイーロン・マスクが日本の深夜放送のバラエティ番組に出演していました。 本当かどうかは知…

戦略は「1杯のコーヒー」から学べ!

朝、朝食後にコーヒーを一杯飲むと、一気にエンジンがかかる気がします。(ただし、早く目覚めた日限定です。多くの日は飛び起きて出社してます。) そんなコーヒー好きで、ビジネス書好きな私にもってこいの本に出会いました。 戦略は「1杯のコーヒー」か…

いいことをやろうと考えただけでやった気になる。ー スタンフォードの自分を変える教室

読みました。自分を変えたいことはたくさんあるので、自分の課題をノートに書きながら進めてみました。 スタンフォードの自分を変える教室 作者: ケリー・マクゴニガル,神崎朗子 出版社/メーカー: 大和書房 発売日: 2012/10/20 メディア: 単行本 購入: 26人 …

会社にいても自由に生きる サラリーマン3.0

今回読んだ本はこちら。数年前に流行りましたよね。XX 3.0 という言葉。 サラリーマン3.0 作者: 伊関淳 出版社/メーカー: 中経出版 発売日: 2011/07/26 メディア: 単行本(ソフトカバー) クリック: 11回 この商品を含むブログ (2件) を見る 会社にいても自…

疲れ、集中力の欠如の原因は猫背にあった?

昔からコンプレックスだった「猫背」 KADOKAWAのKindle本セールを見ていてふと目にとまり、治るきっかけになればラッキーくらいに思って何となくこの本を手に取りました。 ねこ背がスッキリ治る本 (中経の文庫) 作者: 原幸夫 出版社/メーカー: KADOKAWA / 中…

会議の目的は「結論」を出すではなく「納得」を得るだった

会議の進行役をつとめるときに怖いこと、それは 「意見がでないこと」 でした。そのため、自分で多くを発言して会議を引っ張って行こうとしていました。 この本を読み終えて、会議ってそうじゃないというのを勉強しました。 「会議ファシリテーション」の基…

重松清作品「あすなろ三三七拍子」は名言の宝庫

お気づきの方は、お気づきかもしれませんが、本ブログのタイトル 「とにかく、ひたすら」 は、重松清さんの、「あすなろ三三七拍子」の中のセリフからとっています。 こんな記事もありましたが、私には信じられません。 "超低視聴率"と"視聴者満足度トップク…

疲れから回復するためのコツ

最近どうも疲れるので、思わず手に取ってしまいました。 なぜ、一流の人は「疲れ」を翌日に持ち越さないのか 作者: 裴英洙 出版社/メーカー: ダイヤモンド社 発売日: 2014/08/01 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログを見る Kindle 版はこ…

原因と結果を勘違いしてないか?プレジデントの特集

PRESIDENTって雑誌ありますよね。実は私定期購読しているんですが、いつも疑問に思う内容があります。 今回の特集は、「時間」の科学。 PRESIDENT (プレジデント) 2014年 9/29号 [雑誌] 出版社/メーカー: プレジデント社 発売日: 2014/09/08 メディア: 雑誌 …

三塁手は高給取り?

最近、この本を読んでます。 ベースボールと日本野球 打ち勝つ思考、守り抜く精神 (中公新書) 作者: 佐山和夫 出版社/メーカー: 中央公論新社 発売日: 2014/02/07 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る ベースボールと日本野球―打ち勝つ思考、守り…

自分は過少評価されていると思います

「自分は過少評価されている。」 こう書くと、「ああ、自信家の嫌な奴だ」とか、「社会の厳しさをわかってない奴だなあ」とか思われるかもしれません。 でも、こう思うことってたまにありませんか? 私はあります。 こう思う原因って何かと考えると、一番に…

一度は読んでみる価値あり、重松清作品の魅力 ー 流星ワゴン

私はそれほど読書家ではありません。私が読者に読書に目覚めるきっかけになったのが、重松清さんの「流星ワゴン」という本です。これ、本当にオススメです。この本は、何かを「やり直したい」と思っている人にぜひ読んでいただきたいです。 流星ワゴン (講談…

勝負強さとは何か

「あの人は勝負強い」と言われる人たちはいったい何がすごいのでしょうか? 勝負強いと言って思いつくのはスポーツ選手ばかりですが、 現役時代の長嶋茂雄 水泳の北島康介 サッカードイツ代表 と言った人たちでしょうか。彼らは実力的には拮抗した中での試合…

口数が少ない、話さない、冷めてるのはいけないことか

会話に入っていくタイミングが分からない 自分にピッタリの本に出会いました 自分が冷めていると周りの人の心まで冷ましてしまう 会話に入っていくタイミングが分からない ランチに行って同僚が楽しそうに話していてもなぜか冷静に聞いてしまう。 「そんなで…